« 日経ビジネスAssocie 日記&ブログ術 | トップページ | 逆算の人生 »

2005/04/06

天才の共通点

致知5月号に大変参考になる記事がありましたので、ここに紹介したいと思います。

あなたはあなたのままでいい
         中村多恵子(教育評論家)

この記事の中で、中村多恵子さんは、トーマス・エジソン、吉田松陰、美空ひばり、野口英世の例を挙げて、天才と呼ばれた人たちに、ある共通点があると述べています。

「あの子の頭は腐っている。これ以上学校においておいても無駄だ!」と担任の先生に罵倒されたトーマス・エジソン。彼を連れて、彼の目の前で「この子は素晴らしい力を持っている。私はそう信じています。」と担任に言い切った母親。

獄中、自分の行為の正しさを絶食という行為を以って世に問うた吉田松陰。何人もの知り合いが、叱責や説得の手紙を遣しても、その意思が揺るがなかったが、手作りの干し柿を添えた手紙で、心を救った母親。

戦時中、とても音楽を聴けるような雰囲気ではなかったのに、レコードをどうしても聴きたかった美空ひばり。彼女のために蓄音機と懐中電灯を用意して、世間に隠して音楽を聴かせ続けた母親。

貧しい農家に生まれ、片手を実質的に失う火傷を被った野口英世。彼が医師の免許を取るために、畑仕事、養蚕、馬の飼育、手織り、助産婦の手伝いなど、できることは何でもして、更にアメリカに行って医学者になりたいという息子のために、「おまえがやりたいと思うことを、私は何で反対しよう。私はいつまでもおまえが成功して日本に帰ってくる日を待っていますよ。」と励まし、送り出した母親。

中村多恵子さんは、これらの天才の共通点として、母親の存在を説いています。

(1)その子のありのままを受け入れていたこと (2)もともと素晴らしい力を持っていることを心から信じて伝え続けていたこと (3)夢中になっていることを、親の価値観でやめさせたりせず、十分にやらせてあげていたということ

母親の愛情があったから、努力を続けられたと考えることもできるでしょう。
しかし、もう少し掘り下げてみると、揺るぎやすい若い心と、それを揺るがせないようにした親の努力の関係とも言えます。
もしかすると、これは母親に限らず、自分の心を揺るがせないようにすることの重要性を示唆しているのかもしれません。

|

« 日経ビジネスAssocie 日記&ブログ術 | トップページ | 逆算の人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4448/3596607

この記事へのトラックバック一覧です: 天才の共通点:

« 日経ビジネスAssocie 日記&ブログ術 | トップページ | 逆算の人生 »