« 天才の共通点 | トップページ | 無料セミナー サクセスクラブ入門講座 »

2005/04/07

逆算の人生

10年来の人生の先輩である渡辺俊一さんが「逆算の人生」というキーワードをご自身のblog「50才からの生きかた 渡辺俊一の世界」で述べられているので、自分の考えを重ね合わせてみます。



気の向かないことは予定にいれないと決めてしまえば、わりとすっきりしてきます。
 人生の残り時間(分換算)の目安
 =(想定寿命ー現在の年齢)×365日×24時間×60分
 もあるのか、しかないのか、はそれぞれですが、残り時間が着々となくなっていくのははっきり意識しますよね。
 「逆算の人生」  でいくと、うかうかしてられませんね。
 だから、家族やパートナーの周囲の人々との人間関係のバランスの上で「わがまま」になりましょうよ・・と感じる今日この頃です。

自分がこの「逆算の人生」というキーワードに強く惹かれたのは、F1ドライバー佐藤琢磨の言葉からです。
幸い、このインタビューを掲載しているWebサイトがあったので、リンクしておきます。
佐藤琢磨(F1ドライバー)

20歳のときに鈴鹿レーシングスクールでスカラシップを獲得しイギリスに飛び込みました。モータースポーツは体力勝負、特にF1は通常35歳くらいまでがドライバーとして活動できる時期だといわれています。約10年間はF1ドライバーとして活動したい、単純に逆算すると25歳までにはF1にたどり着いていなければならない、そう考えて限りある時間を最大限に活かしたかったんです。


何故、レーシングスクールに、当時としてはかなりの高齢(レースを始めるにしては)で、入校したのか。
それは、この明確な目標、明確な期限があったからこそです。
こうして考えると、「逆算の人生」というのが、「切ない」ものではなく、「挑戦しがいのあるもの」と見えてくるから不思議です。

|

« 天才の共通点 | トップページ | 無料セミナー サクセスクラブ入門講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4448/3596999

この記事へのトラックバック一覧です: 逆算の人生:

« 天才の共通点 | トップページ | 無料セミナー サクセスクラブ入門講座 »